• ホーム
  • 媚薬にはいろいろなタイプがある

媚薬にはいろいろなタイプがある

色々な薬と葉

媚薬には使い方だけでも3つのタイプに分けることができます。

1つ目は飲むタイプです。
これも細く分類するとドリンクタイプとサプリメントタイプがあります。
ドリンクタイプは性行為の30分~60分前に飲むと効果が出ると表記された商品が多いです。
媚薬には天然のハーブなどが使われることがあり、味が濃くて美味しくないドリンクが多いです。
コーヒーなど後味の強い飲み物に混ぜると飲みやすくなります。
サプリメントは毎日服用して、性欲をアップできる体質に変えるものが多いです。
疲労回復効果など、性欲を妨げる要素を除去する作用があるため、媚薬としてではなく健康増進のために服用する場合もあります。

2つ目は塗るタイプです。
性器や快感を得られやすい場所に媚薬を塗ります。
デリケートな性器に塗れるため全身に使っても問題ありませんが、刺激性の高いクリームは口に入れるとヒリヒリして副作用が出ることがあります。
クリームを舐める可能性がある時は、十分に効果を実感した後でクリームを拭いた方が良いです。
ニオイや味は無味無臭が多いです。
中には甘い香りや味がする商品があり、香りの効果で性行為を楽しいと感じるようになります。
性行為に前抜きでない不感症の女性に使うと喜ばれます。

3つ目は香水タイプです。
香水を適量吹きかけると自分だけでなく周囲にも媚薬効果を与えます。
しかし突然性行為がしなくなるわけではありません。
相手に心地よい香りだと思わせることができ、好きな人とのコミニュケーションに使えば、魅力的な人物に映ります。
他の媚薬より性欲を高める効果は小さいので、性行為に使う時は併用するのが基本です。
香りは長持ちするので、通常の香水として日常使いできます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧